三菱地所レジデンス・福岡地所・積水ハウスら、旧⽇本住宅公団の分譲団地を再⽣

10年にわたり検討されてきた「藤崎公団住宅」マンション建替事業(福岡市早良区)において、「マンションの建替え等の円滑化に関する法律」(以下、マンション建替え法)に基づくマンション建替組合の設立が 2017年4月13日付にて福岡市長より認可されました。

「藤崎公団住宅」マンション建替組合設⽴認可
「藤崎公団住宅」現況写真(左)と、建替え後完成予想CG (右)

昨年6月に三菱地所レジデンス・福岡地所・積水ハウスが事業協力者として選定され、12月に建替え決議が成立しました。今後は区分所有者がマンション建替組合の組合員となり、2017年12月頃に権利変換計画の認可取得、2018年4月の着工を予定し、2020年5月の竣工を目指します。
建替え後は地上12 階建・総戸数231戸のマンションへと生まれ変わります。

詳しくはこちら