人気アパレル企業がつくる住空間・・とは?

 
2018.5.14

近頃、アパレル企業が住宅業界に参入するケースが増えている。

たとえばセレクトショップを運営するユナイテッドアローズは、昨年9月に中古マンション再生事業などを行うグローバルベイスとの協業を発表した。ユナイテッドアローズが店舗空間のデザインで培ってきた技術を住空間にも活かす・・というもので、すでに昨年12月には吉祥寺に第一弾となるモデルルームをオープンしている。

「ユナイテッドアローズ」という言葉を聞いて最初に連想したのは「おしゃれ」。

とにかく人気の高いブランドを多数展開している印象だ。

実際に、私もプライベートでは何度もお世話になっている。

「きっと彼らがプロデュースした部屋なら相当おしゃれなんだろう・・」

・・気になって眠れないので、さっそく自分の目で確かめに行った!(笑)

モデルルームは「吉祥寺」駅から徒歩6分、築47年のマンションの11階にある。

「モデルルームの第一弾を吉祥寺に作るなんて、この時点でおしゃれ検定には合格だな・・」なんて思いながら部屋に入った。

モデルルームの専有面積はおよそ76㎡で、もともと3LDKだった間取りを2LDKにしている。

 

コラム  人気アパレル企業がつくる住空間・・とは?

玄関のドアを開けると一直線に伸びる廊下。
白いドアは、閉めたときに出来る限り壁とフラットになるように設計しているらしい。
なんてすっきりしているんだ・・!

コラム  人気アパレル企業がつくる住空間・・とは?

低い天井によって圧迫感があった空間は、あえて天井に高低差をつけることで広く見せている。

コラム  人気アパレル企業がつくる住空間・・とは?

ユナイテッドアローズが空間に合わせてセレクトしたものと、オーダーメイドの家具の2種類を上手く配置している。

コラム  人気アパレル企業がつくる住空間・・とは?

キッチンの天板とダイニングテーブルは同様の大理石を使用。

コラム  人気アパレル企業がつくる住空間・・とは?

収納は見せる収納と隠す収納の2種類を用意。
キッチンの収納は扉のある隠すタイプのものとオープンシェルフの2種類を設置している。
収納なども日々の暮らしを楽しむひとつにしてほしいそうだ。

コラム  人気アパレル企業がつくる住空間・・とは?

アイランド型キッチンや洗面台の壁面タイルには、天然石の六角モザイクタイルを採用。
ユナイテッドアローズの店舗でも実際に使用しているもの。

コラム  人気アパレル企業がつくる住空間・・とは?

寝室のクローゼットはガラスとアイアンで構成している。 お気に入りの靴や洋服、食器を飾るようにレイアウトして楽しんでもらいたいとのこと。

 

実際のモデルルームは、確かにユナイテッドアローズの店舗の雰囲気を活かしたおしゃれな空間だった。

モデルルームは家具付きで販売中だそうだが、きっとこの部屋を購入する人はすでに自分がどのような暮らしをしたいのかがある程度明確なのではなかろうか。

そして、そういった暮らしにこだわりのある人は確実に増えてきているのだと思う。

リノベーション事業者は“自分らしい暮らしの実現”を提案しているが、好みや暮らし方は人それぞれ。

アパレルが培ってきたノウハウとブランド力は、リノベーションの魅力をもう一つ広げていきそうだ。

(佐藤)