2015年8月の企業ニュースをまとめ読み!

 
2015.8.31
2015.8.31

外観のアクセントとなる高意匠バルコニー/三協立山・三協アルミ社

柱なしバルミニーの新商品「コーデリア」を発売した。従来品の施工性・意匠性を見直し、デザインの一新・機能性の向上を図った。

2015.8.28

内・外装床セラミックタイル「レジェンド」を新発売/エービーシー商会

エービーシーセラミックスが、目地幅3mmの木目調タイル「レジェンド」の販売を開始。
美しい木目模様を可能としながら、優れたコストパフォーマンスを実現。防滑性のあるグリップタイプもラインアップし、屋内の壁や床はもちろん、屋外床にも対応が可能。

「LAKUCIE(ラクシエ)キャンペーン」9月1日から開始/リンナイ

9月1日(火)から12月31日(木)まで、テーブルコンロ「LAKUCIE PRIME(ラクシエプライム)」「LAKUCIE(ラクシエ)」購入者全員を対象に、「グリルプレート」またはリンナイ公式部品販売サイトR.STYLE(リンナイスタイル)で使用できる3,000円クーポンをもれなくプレゼントする「LAKUCIEキャンペーン」を実施する。

「DELICIA(デリシア)キャンペーン」9月1日から開始/リンナイ

9月1日(火)から12月31日(木)まで、ビルトインコンロ「DELICIA(デリシア)」または
「DELICIA GRILLER(デリシア グリレ)」購入者全員を対象に、レシピブックや公式部品販売サイト5,000円クーポンのプレゼントなどを行う「DELICIA キャンペーン」を実施する。

「DELICIA(デリシア)」グリル調理専用のレシピブックを発売/リンナイ

ガスビルトインコンロ「DELICIA(デリシア)」のグリル専用のレシピブック『Bon appétit!! 100 CUISINE』を、9月7日(月)から公式部品販売サイトの「R.STYLE(リンナイスタイル)」で販売する。

2015.8.27

都市生活レポートを発行東京ガス

都市生活研究所が、都市生活レポート「70代シニアの地域コミュニティの実態と意識」を発行。超高齢社会を迎え、シニアが地域で過ごす時間が長くなることから、重要になると予想される地域コミュニティの意識と実態について調査を実施した。

学校法人自由学園と協働で、防災力強化を目的とした活動を始動/三菱地所レジデンス

9月3に学校法人自由学園と防災力強化を目的とした「防災協定」を締結する。学校での授業を通し、小学生から大学生までの各段階に応じた防災教育に協働で取り組み、
防災について伝える側と受け止める学生側の双方向コミュニケーションの実現を目的とする。

ハイブリッド換気システム「AIR MEISTER(エアマイスター)」新発売/LIXIL

熱交換換気システムに空気清浄機能を搭載したハイブリッド換気システム「エアマイスター」を、9月1日より発売開始する。業界初の機能として、手入れの手間を省くプレフィルターの「自動クリーニング機構」や、外気温・室温をモニターして自動で最適な省エネ運転を行う「自動省エネ運転機能」なども搭載した。

2015.8.26

子どものためのプレイクッション『キッズスクエア』を発売/アキレス

家庭用の子どものためのプレイクッションとして『キッズスクエア』を開発、9月上旬から販売する。
衝撃から子どもを保護し、商業施設にあるようなプレイスペースとしてはもちろん、
子どもの成長に合わせてソファやマットレス、ラグなど、さまざまな使い方ができるのが特徴。

制震構造の住宅着工数が累積8万棟を達成/旭化成ホームズ

供給する住宅(戸建住宅・賃貸住宅とも)のほぼ100%を制震構造とし、今年8月で累積8万棟の着工を達成。首都直下地震や南海トラフ地震などへの不安が高まる中、今後も「安心・安全な住まい」の提供に努めていく。

アルミ手すり「FINE MASTER」を発売/三協立山

安全かつ高意匠な手すりの新ブランドとして、8月31日から「FINE MASTER」を発売。
意匠性の向上とともに、ねじ・ボルトのゆるみ防止構造やガラス交換などのメンテナンス時の利便性なども追求し、機能と性能を兼ね備えたシンプルな意匠の手すりとなっている。

2015.8.25

シカゴ市での高層賃貸住宅事業の概要を決定/大和ハウス

全米大手の不動産会社Lincoln Property Companyとの共同プロジェクト第三弾となる米国イリノイ州シカゴ市での高層賃貸住宅事業「シカゴ・ノースクラーク・プロジェクト」の概要を決定した。現地法人Daiwa House Texasを通じて2016年度までの3年間で1,500億円を目標に賃貸用不動産を購入・開発し、2020年度までに米国で500億円の売上を目指す。

2015.8.24

アルミモダンインテリアシステム「AMIS(アミス)」を刷新/三協立山

アルミの素材を生かしたドアや引戸などの室内建具や階段などをラインアップした「AMiS」シリーズのリニューアル第1弾として、「室内引戸」「室内ドア」「収納引戸」の3商品を刷新、8月26日から発売した。

黒部製造所押出ライン棟の竣工/YKK AP

国内アルミ素材製造の中核工場である黒部製造所の再構築計画の一環として、昨年8月より建設を進めていた押出ライン棟が完成。8月24日に竣工式を執り行い、操業を開始した。新設アルミ押出ラインは、
従来ライン比で約40%生産性が向上する。

2015.8.23

快適で健康的なすまいづくりサポートセミナーを開催/野原産業

ダンネツコラボ(主催:外皮計算.com、運営会社:野原産業 住環境事業部)が、
伊香賀俊治・慶応義塾大学教授を特別講師に迎え、『健康で長生きするすまいのすすめ』と題したセミナーを開催。
日時:平成27年10月16日 14:00~16:00。会場:コンベンションホールAP浜松町 A会議室。参加費は無料。以下サイトから申込み可。

2015.8.21

環境技術研究施設「メムメドウズ」に新施設「スタジオ メム」が竣工/LIXIL

公益財団法人LIXIL住生活財団(東京都江東区、理事長:潮田洋一郎)と株式会社伊東豊雄建築設計事務所(東京都渋谷区、代表:伊東豊雄)が、同財団の管理する環境技術研究施設「メムメドウズ」(北海道広尾郡)に,伊東事務所監修のもと既存建物を改修したワークショップスタジオ「スタジオ メム」を、8月21日に竣工した。

2015.8.20

「2015年環境報告書」をWEBで公開/クリナップ

環境保全活動への取り組みをまとめた「2015年環境報告書」とダイジェスト版「econup(エコナップ)」を制作し、8月11日からWebサイトに公開。ダイジェスト版「econup(エコナップ)」は印刷物として発行し、全国101カ所のショールームにて配布している。

木目調テラス「CHOUETTE(シュエット)」新発売/LIXIL

生活者のニーズを捉え、住宅外観に調和するデザイン性にこだわった木目調テラスを開発。
2015年10月1日より全国で発売する。天然木の風合いや色味をリアルに再現した全5色の豊富なカラーバリエーションを実現、また、枠材やコーナーキャップにも本体カラーと同じ木目調を採用し、意匠性にこだわった。

テラス「SPEENE(スピーネ)」を発売/LIXIL

施工面でのスピードと安全性にこだわった新テラス「スピーネ」を2015年10月1日より全国で発売する。部品数の削減や現場での加工を省くことにより、組立工程を簡略化し、施工時間を約3割短縮。全パネルを下止め施工としたことで屋根に上がって作業を行う必要がなくなり、安全性も向上した。

「M-WOOD2」において新たな資源循環システムを構築/ミサワホーム

ミサワホームが製造する、100%リサイクル原料を使用し、限りある資源を有効活用する
エクステリア素材「M-Wood2」の原料として、ケナフボードを使用した新たな資源循環システムを構築し、8 月下旬より運用を開始する。

2015.8.19

業界初、ソーラー住宅とPHEVの連系が可能に/積水化学工業

これまでEVに限定されていた「V to Heimシリーズ」において、8月27日から
新たにPHEV(プラグインハイブリッド自動車)との連系対応を開始する。
住宅・PHEV・電力系統の連系実現は同社が初。
これによりユーザーの選択肢を広げ、「エネルギー自給自足住宅」のさらなる促進を目指す。

2015.8.18

LED高天井用照明のスペシャルページを公開/オーデリック

大空間の省エネ化に貢献するLED高天井用照明のスペシャルページを公開。それぞれの商品の特徴やライナップ、省エネ性能の比較を紹介している。

“民法改正”テーマに事業者向け無料講習会を開催/ジャパンホームシールド

9月11日 14時から、弁護士の秋野卓生氏を講師に迎えて『今聞いておきたい!市場の変動、民法改正対策セミナー』と題した事業者向け講習会を開催。住宅に関わるトラブルや今後の法改正について説明する。参加費は無料。会場:TKP ガーデンシティ横浜B ホール。

「エネファーム」の累計販売台数5万台を達成東京ガス

8月18日付で、家庭用燃料電池「エネファーム」の累計販売台数5万台を業界で初めて達成。同社は、2015年度に戸建て向け、マンション向け合わせて18,100台の販売目標を掲げている。

2015.8.13

台湾CPC社と「戦略的相互協力に関する協定」を締結東京ガス

台湾最大手の石油・ガス会社である台湾CPC社と「戦略的相互協力に関する協定」を締結。
今後、LNGの調達や相互融通、およびLNG関連のエンジニアリング・技術面における協力等について、両社で実現に向けた協議を実施していく。

2015.8.11

環境共生住宅認定で8年連続1位を達成 / 大和ハウス

平成26年度の「環境共生住宅認定」において、建設実績総合1位(1,167戸)を達成。これにより、同社の総合1位達成は平成16年度、17年度および平成19年度から26年度まで合計10回となり、8年連続で1位となった。平成26年度は、埼玉県吉川市「SMA×ECO CITY(スマ・エコ シティ)吉川美南」など、全国約半数の分譲戸建住宅が環境共生住宅認定を受けた。

既存壁を活かした耐震リフォーム工法の登録店情報を公開  / LIXIL

アラミド繊維シートの使用による“既存壁を活かした”業界初のカンタン耐震リフォーム工法「アラテクト」を取り扱う登録店が350店を突破し、2015年秋より本格販売をスタートするにあたり、2015年8月からWEBサイト上で登録店情報の公開を開始する。

LIXILギャラリー大阪で巡回企画展を開催  /  LIXIL

LIXILギャラリー(大阪会場)で、2015年9月4日~11月17日の期間、INAXライブミュージアムとの共同企画による展覧会「マカオのアズレージョ~ポルトガル生まれのタイルと石畳」を開催する。入場は無料。

 2014年度環境活動でエコ商品開発比率100%などを達成  / YKK AP

2014年度の環境活動について報告。国内製造・営業部門におけるエネルギー原単位(出荷重量当たりのエネルギー使用量)を2010年度比で12%削減したほか、環境配慮型商品(エコ商品)の開発比率100%達成、廃棄物の再資源化率99%を達成し、ゼロエミッションを10年連続で継続した。

2015.8.10

「トイレ」をテーマにした企画展を大阪で開催  /  LIXIL

グランフロント大阪(大阪市北区大深町3-1)で開催される「トイレ」をテーマにした企画展「トイレ? 行っトイレ!ボクらのうんちと地球のみらい」(会期:2015年8月15日~8月30日)に特別協賛。同施設内にある「LIXILショールーム大阪」(グランフロント大阪タワー A11階)では、企画展と連動した特別プレゼント企画も実施する。

2015.8.7

災害公営住宅「市営柳の目東住宅」が竣工、入居開始  /  積水ハウス

宮城県東松島市と官民一体で進めてきた「市営柳の目東住宅」が竣工し、8月8日より入居を開始した。同住宅では、周辺の病院・公共施設を結ぶマイクログリッドにより電力を供給し、エコで災害に強いまちづくりの実現を目指す「東松島スマート防災エコタウン」構築事業を進めており、2016年3月のシステム完成、稼働開始を予定している。

リンナイ公式部品販売サイトR.STYLEで「\ラクしてキレイ  / コンロ☆キラキラ夏祭り」を実施 /リンナイ

ガスコンロの交換部品が購入できる公式部品販売サイト「R.STYLE(リンナイスタイル)」において、8月7日(金)~9月30日(水)16:59までの期間、「\ラクしてキレイ/コンロ☆キラキラ夏祭り」を実施する。

2015.8.6

「三菱地所のレジデンスクラブ」がバリューチェーンを拡大  / 三菱地所レジデンス

三菱地所グループで分譲・管理する住まいの契約者と入居者を対象とした会員組織「三菱地所のレジデンスクラブ」は、顧客満足度のさらなる向上のため、7月23日にWEBサイト・会報誌を刷新、提携企業拡充やサービス内容の見直しなど大幅なリニューアルを行った。三菱地所グループのバリューチェーン拡大を目的に、賃貸マンション「パークハビオ」や「ザ・パークハビオ」の居住者も2015年9月から会員対象とする。

賃貸マンション「ザ・パークハビオ 横浜山手」竣工/三菱地所レジデンス

神奈川県横浜市中区の賃貸マンション「ザ・パークハビオ 横浜山手」が、7月31日に竣工した。
前進のパークハビオブランドも含め52物件目で、神奈川県初の供給となる。

洗面化粧台「ティアリス」と「BTG」に節湯水栓を標準装備 / クリナップ

洗面化粧台「ティアリス」と「BTG」シリーズに、省エネ効果が高い「節湯C1対応水栓」を新たに標準装備する。レバー中央位置で水を優先して吐水し、水と湯の境にカチッと伝わるクリック感を設けることで、湯水をきちんと使い分け、ムダなガスや電気の使用を防ぐ。住洗いの推薦に比べ約30%の省エネ効果が期待できる。

「住まいの環境デザイン・アワード 2016」作品を募集 / 東京ガス

“人と環境と住空間デザインの真の融合”をテーマに、デザインコンペティション「住まいの環境デザイン・アワード 2016」を開催、2016年9月1日から作品の募集を開始する。作品の募集期間は11月3日までで、結果発表は2016年2月を予定している。

環境に配慮した「液状化対策」に着手 / ミサワホーム

ミサワホーム株式会社(東京都新宿区・竹中宣雄社長)と飛鳥建設株式会社(神奈川県川崎市・伊藤寛治社長)は、ミサワホームが企画する大型分譲プロジェクト「(仮称)アルビオコート検見川浜」(千葉県千葉市)で、震災時の地盤液状化リスクを軽減するために、
丸太を地中に打設することで炭素を長時間貯蔵できる「丸太打設液状化対策&カーボンストック(LP-LiC)工法」を採用した地盤補強工事を行う。

「ジャパンラグビートップリーグ2015-2016順位決定トーナメント(1~8位)」に協賛/LIXIL

公益財団法人日本ラグビーフットボール協会(東京都港区・岡村正会長)が主催し、2016年1/9(土)~1/24(日)に行われるラグビー日本一決定戦「ジャパンラグビートップリーグ2015-2016順位決定トーナメント(1~8位)」の冠スポンサーとして協賛。大会名を「ジャパンラグビートップリーグ2015-2016 LIXIL CUP 2016」として開催される。

2015.8.5

井戸掘りつき住宅を発売  /  アキュラホーム

9月30日までの期間中、「井戸のある家」を特別限定で発売する。「住みごこちのいい家」をベースに、井戸を標準プランとしてセットした住宅。災害時に断水が起きた際の水資源の確保、庭の植栽への水やり、夏の打ち水などに利用できる。

スウェーデンヒルズ東京説明会開催  /  スウェーデンハウス

北海道石狩郡当別町にスウェーデンハウスで建てられた街並み「スウェーデンヒルズ」での暮らしなどに関する説明会を東京で開催。北海道へ移住・別荘建設を検討中の方に参加を促している。
開催日:8月29日(土)10:00~17:00、8月30日(日)10:00~14:00
会場:恵比寿ガーデンプレイスタワー4階 SPACE6(A-1)

「対話のある家」新プログラムを9月3日から開催  /  積水ハウス

情報受発信拠点 「SUMUFUMULAB(住ムフムラボ)」(グランフロント大阪・ナレッジキャピタル内)で定期開催している ダイアログ・イン・ザ・ダーク・ジャパンとの共創プログラム、ダイアログ・イン・ザ・ダーク「対話のある家」の新プログラムを9月3日から開催。インテリアをテーマに、視覚以外の感覚、特に“触覚”を駆使する新しいプログラムとなっている。

「大気浄化壁面緑化システム」を販売開始  /  大和ハウス

大和リース株式会社と共同で「大気浄化壁面緑化システム」を開発、8月6日から販売を開始する。汚染された空気をファンで吸い込み、汚染物質を土壌層に吸着させ、植物や土壌の微生物により二酸化窒素やPM2.5などを分解・浄化させる仕組み。本体工事価格は1㎡当たり20万円(税抜)から。

最先端のエコハウスを開発・分譲  /  リスト

企画・施工を手がける戸建て分譲住宅「リストガーデン」において、エネルギー収支ゼロを実現した最先端のエコハウスプロジェクト「リストガーデン オーレリアン深沢」(東京都世田谷区)を、建築家の竹内昌義氏監修のもと、開発・分譲する。

2015,8,4

ロボットが案内する戻るハウス  / アキュラホーム

8月22日から、さいたま新都心展示場のモデルハウスに、感情認識機能を持った人型ロボットPepperが常駐する。ご来場されるお客様へのご挨拶や商品案内などを行なう予定。

フジタと大和小田急建設が経営統合  / 大和ハウス

同社の完全子会社である株式会社フジタと大和小田急建設株式会社が平成27年10月1日をもって経営統合する予定であることを発表。フジタを存続会社とする吸収合併方式で、大和小田急建設は解散となる。

代官山にアフタースクールを開校  / ミサワホーム

株式会社コビーアンドアソシエイツ(千葉県野田市・小林照男社長)と2014年に共同で設立した「子ども子育て総合研究所株式会社」(東京都目黒区・小林照男社長)が、渋谷区代官山に第一弾となる直営の学童保育施設「コビーアフタースクール+(プラス)代官山」を開設し、来年3月に開校する。

2015,8,3

「アリオス」に新機能を追加 / 旭化成ホームズ

プランニング段階で室内の日照・日射・通風・採光について、邸別に科学的な検証ができる独自のシステム「ARIOS(アリオス)」の通風シミュレーションに、周辺建物の影響を反映できるよう新機能を追加した。
追加された主な機能は、
①隣家の影響を加味したリアルな通風を表現
②室内に流れる風を「風速」と部屋全体の「通風量」で評価
③すべり出し窓のウインドキャッチ効果を反映 の3点となっている。

キッズデザイン賞の少子化対策担当大臣賞を受賞/積水ハウス

キッズデザイン協議会主催の「第9回キッズデザイン賞」において、「江東海岸サテライトスマートナーサリースクール 本園 テニスの森キャンパス」(保育園)が、優秀賞・少子化対策担当大臣賞を受賞した。なお、「第9回キッズデザイン賞」において、同社は4部門7点が賞を受賞、賞の創設以来9年連続で受賞している。

9月の料理教室は、点心・飲茶や“和の美学”  / 東京ガス

9月の料理教室で、さまざまな企画を行う。9月3~30日、東京ガス料理教室「グレードアップへコース」を開催。料理の腕をワンランクアップしたい方向けのコースで「五種の点心で飲茶時間」がテーマ。また、「和の美学」は和食にスポットをあて、旬の和食材や和の道具など、それぞれのテーマのもと、和食文化を楽しむ。男性向け料理教室「こだわりの男子厨房」では「手作りソーセージを作ってワインと共にバル気分」をテーマに、スペイン風居酒屋の定番メニューを紹介する。

食育プログラム「キッズインザキッチン」を開催 / 東京ガス

1992年から続けている食育プログラム「キッズインザキッチン」の「親子クラス」「子どもクラス」を開催する。食材の選択・調理・食べる・片づけ」という一連の食の体験を通じて、「環境に配慮した食の自立」とガス火調理を通じた「五感の育成」の大切さを伝える。