大和ハウス工業、東急不動産、日立キャピタル、ecoプロパティーズ、中部エリア最大級のマルチテナント型物流施設「(仮称)桑名プロジェクト」着工

ニュース 大和ハウス工業  大和ハウス工業、東急不動産、日立キャピタル、ecoプロパティーズ、中部エリア最大級のマルチテナント型物流施設「(仮称)桑名プロジェクト」着工

「(仮称)桑名プロジェクト」イメージ

大和ハウス工業、東急不動産、日立キャピタル、ecoプロパティーズの4社は、2017年11月10日、三重県桑名市においてマルチテナント型物流施設「(仮称)桑名プロジェクト」を着工しました。

地上6階建てで、各階の倉庫スペースを区割りで利用できます。1区画は約4,600㎡から1フロア(26,000㎡)を一括で利用でき、最大20テナントが入居できます。

また、1階には低床式、上階には高床式のトラックバースを設け、各階へ大型車両が直接アクセス可能なダブルランプウェイを採用しました。さらに、施設内には垂直搬送機を設置し、入居テナント企業様が上・下階の複数フロアを利用することも可能です。加えて、BCP対策として非常用発電機や井水設備も導入します。

詳しくはこちら