三井ホーム、熊本県産材を使用した医療施設を上棟

三井ホーム  三井ホーム、熊本県産材を使用した医療施設を上棟

外観は、小児科専門のクリニックとして、地域の街並みにとけこみ、子どもた ちに安心感をあたえる曲線を効果的にとり入れた英国風のデザイン

三井ホームは、熊本県熊本市に構造材として熊本県産材を用いて施工中の医療施設「みらいこどもクリニック」が上棟したことを発表しました。

三井ホーム施工の医療施設としては、初めて県産材を使用した建築物で、事業主から「熊本地震の復興に寄与することにつながる」と、県産材の利用希望が得られたことから、ツーバイフォー工法の主要構造材であるスタッド全量への県産材使用が実現しました。

詳しくはこちら