東京ガス、「住まいの環境デザイン・アワード2018」受賞者発表

 
2017.12.20
東京ガス  東京ガス、「住まいの環境デザイン・アワード2018」受賞者発表

写真:谷川ヒロシ

東京ガスは、7月から作品を募集していたデザインコンペティション「住まいの環境デザイン・アワード2018」の受賞者を決定、発表。グランプリは諸江 一紀/諸江一紀建築設計事務所・鈴木 崇真/鈴木崇真建築設計事務所による「庭のあるシェアハウス」が受賞しました。

住まいの環境デザイン・アワードは「居住者が実際に生活している住宅」を対象に審査することが大きな特徴で、「暮らし」「環境」「デザイン」の三つの要素が調和された住宅に着目することで、良質な住宅が広く普及することを目的としています。11回目を迎えた今回は、189点の応募をいただき、一次・現地・二次審査を経て、グランプリをはじめとする計17点の受賞作品を選定しました。

詳しくはこちら