住宅ビジネスをもっと楽しく、もっと創造的に

性活から考える男と女の寝室問題―高齢社会の新たな住問題に―

【趣旨】

話題にすることも憚られ実態がよくわからない性生活。しかし男と女が一緒に住まう家において、これほど大事なテーマはないとも言えます。このテーマで長年、調査研究を続けてこられたのが田園調布学園大学・名誉教授、荒木乳根子氏です。これまで調査研究の成果を論文や書籍として発表されてきており、医師や臨床心理士とともに男女2590人に調査してまとめた最新刊では中高年の性生活にフォーカスし、その実態を浮き彫りにしています。

今回のスマカチ・シンポジオでは、荒木教授を講師に迎え、「性活から考える男と女の寝室問題」と題して、これまでの調査研究などからわかった性生活の実態についてお話いただきます。高齢社会での住まいを考える上での貴重な機会になることでしょう。

【講演内容】

長年の調査研究から見えてきた性の実態/セックスレスは共働き世帯の増加が原因?/老年期の男と女の意識の違い/60代からがもっとも豊かな人生になる etc

オンラインライブ配信について

オンラインライブ配信を希望される方には後日、参加方法など詳細を別途、メールにて送らせていただきます。

新型コロナウィルスの影響などによって中止・延期になる場合がございます。また、開催に当たっては、マスクの着用などをお願いする場合がございますので、ご了承ください。