住宅ビジネスをもっと楽しく、もっと創造的に

住宅業界に求められるLGBTへの配慮

【講演概要】

性的少数者(セクシュアルマイノリティ)の表現のひとつとされるLGBT。同性同士のパートナー関係を婚姻に近い関係と認める「同性パートナーシップ制度」が一部の自治体で導入されたことなどを契機に、LGBTの言葉は広く知られることになりました。多様性ある社会の実現が叫ばれるものの、「まだ課題が多いのも事実」と語るのは、当事者として多様な性のあり方の研究とともに社会への理解を進めていく取り組みを推進している森永貴彦氏。

「LGBTに向き合うことはチャンス」とも語る森永氏を招き、LGBTの基礎知識、住宅業界の向き合い方、多様性を尊重することから生まれる新たな価値開発についてお話いただきます。

【主な内容案】

・LGBTとは?
・LGBTが抱える不安や課題とは
・住まいの購入や住まい選びでの課題
・LGBTへの配慮がもたらす影響や新たな価値とは
・現在、力を入れて取り組まれていること
・今後の目標や提案など

【講師】

森永貴彦 (もりなが・たかひこ) 氏

【開催日時】

2021年10月21日(木曜日)
16:00~17:30(受付開始 15:30~)

【会場】

ワイム貸会議室 御茶ノ水「Room E」
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1-20 お茶の水ユニオンビル4F
<アクセス> JR中央線・総武線「御茶ノ水」駅 御茶ノ水橋口 徒歩2分

*会場とオンラインの併催となります。新型コロナウイルスの影響などによって中止・延期、オンライン開催のみになる場合がございます。また、開催に当たっては、マスクの着用などをお願いする場合がございますので、ご了承ください。